心への影響

一般にカモミールと呼ばれる植物にはカモミールローマンとカモミールジャーマンがありますが、カモミールローマンはキク科の多年草で、とても生命力がつよく、古くから薬草として使われてきました。その葉はリンゴのような穏やかで優しい香りです。この花からとれるエッセンシャルオイルには鎮静効果のある成分が多く含まれているため、ストレスや緊張、恐怖、不安をやわらげて、心を落ち着かせてくれるくれる効能があります。
                                                                                       

中枢神経を鎮静することによって心を落ち着かせてくれるので、より高いリラックス効果を得られるようにアロマバスで使用したり、就寝前に使用するのもおすすめです。また、頭痛や腹痛、さらには摂取障害にも効果があるという臨床例もあります。このような効能から、カモミールローマンはストレスの多い現代人にとってはまさに強い味方になってくれる香りといえるでしょう。
a0027_000273                                                                                

カモミールローマンはカモミールジャーマンに比べ作用が穏やかなので小さいお子さんに使用することもでき、癇癪をおこしているときや寝つきの悪い時にも役立ちます。
もともと入浴剤やハーブティーで身近な香りですが、心への効能をよく知り、毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。ちなみにハーブティーとしては主に苦味の少ないカモミールジャーマンが使われるようです。 

コメントは受け付けていません。