肌への影響

カモミール・ローマンの原産国はイギリス。
ドイツ・モロッコ・フランスなどで栽培されているキク科の多年草です。
淡い青色の花をつけ、香りはフルーティで甘いフレッシュな青リンゴのような香りです。
抽出方法は水蒸気蒸留法を用いますが、花だけでなく茎や葉にも香りがあるのが特長です。

a0002_004006                                                         

また精油は作用が穏やかで子供から大人まで幅広い年齢層に親しまれています。
気持ちを落ち着ける効果があるため、寝付きが悪いときや子供がかんしゃくを起こしたときにもおすすめです。
それでは肌への影響はどうでしょう。
代表的な効能としては、抗炎症、抗アレルギーの作用があります。
他にも、やけど、水疱、潰瘍、おでき、皮膚炎、ニキビ、疱疹、乾燥、敏感肌。
またアトピーやアレルギー症状全般にも効果があり、毛細血管を修復する作用はかゆみを和らげる働きもあります。
肌の敏感な方や弱い方でも、自然由来の成分ですから気軽に生活に取り入れやすいといえます。
                                                                                        

さらに特筆すべきは、特に皮膚の洗浄剤として優れた効果があるため皮膚代謝を高める作用があるということです。
皮膚の代謝が衰えるとターンオーバーなど様々なトラブルに繋がるおそれがありますが、正常な状態へ導いてくれます。
シミやそばかすにも有効です。

コメントは受け付けていません。